HOME > ミツバチ百科 > 女王蜂の生命力の源は食べ物の違い

女王蜂の生命力の源は食べ物の違い

女王バチの生命力の源は食べ物違い

女王バチと働きバチは同じ雌ですが、その違いではなはだしいのは両者の寿命の違いでしょう。女王バチ.png

働きバチの寿命は最盛期でわずか1カ月にすぎません。越冬のときでも45ヶ月。これに対して、女王バチは3年から5年も生き続けられます。

かりに5年とすると、女王バチは働きバチより60倍も長生きすることになります。

ただ長生きするだけではありません。

女王バチは老いることを知らず、生涯にわたって卵を産み続けるのです。

ものすごい生命力!

 
生まれた時は働きバチと同じ大きさ。それなのにこれほど違う理由は何でしょうか?

答えは食べ物です。

働きバチの巣房に産みつけられた卵は、孵化してから3日間はローヤルゼリーを与えられますが、それ以降ははちみつと花粉で育てられます。
一方、女王バチは「王台」と呼ばれる特別産室・育児室が用意され、この部屋に卵が産みつけられます。やがて卵は孵化し、若い働きバチからローヤルセリーだけがたっぷりと与えられるのです。まるでローヤルゼリーの海に浮かぶ幼虫です。女王バチは幼虫から成虫になるまでの期間も16日、それに対して働きバチは21日もかかります。ローヤルゼリーはそれだけ成長速度を速くできるということです。

つまりローヤルゼリーを食べたか、食べなかったかで運命が違う雌バチは「氏より育ち」が大事なミツバチ社会です。

 
罫線2.gif 

はちみつマイスター養成講座でははちみつの様々な使い方、はちみつテイスティング、はちみつの効能、はちみつの味を活かしたレシピ、養蜂などはちみつに関するすべての基礎が学べる通信教育をいたしております。

また楽しい体験レッスンも毎月開催しておりますのでHP【体験レッスン】をご覧ください。 

2009年2月19日

体験レッスンの申し込み
お申込み
HONEY FESTA はちみつフェスタ
メルマガ会員募集中
はちみつマイスター公式 facebook はちみつ活用術ご紹介!!
はちみつマイスター 平野のり子 公式ブログ
資格取得者の声
初めての方へ
受講中の方へ
はちみつマイスターおすすめサイト 「日本のはちみつ.com」
ページトップへ