HOME > はちみつ百科 > マヌカの褥瘡治療に関する報告

マヌカの褥瘡治療に関する報告

はちみつの殺菌力は様々なところで効果を発揮しています。
はちみつ百花にもはちみつの殺菌力に関する記事を載せていますが
日本の医療現場からの報告(ちょっと古い記事です)をご紹介します。

2006年3月1日発行の 「PEN 静脈経腸栄養ニュース」 記事紹介⇒国内のマヌカを使用した褥瘡治療pdf.pdf
パネルディスカッションの中で司会の標葉三郎(シネハサブロウ)氏 医療法人伸裕会 渡辺医院院長がマヌカの褥瘡治療について報告をしています。

褥瘡とは床ずれのことで、長期間寝たきりになると血流が悪くなり皮ふが黒ずんで炎症を起こします。
酷くなると皮膚が陥没してしまい激痛と悪臭も伴い、専用の軟膏もあるようですが、あまり効果がないようです。
しかし、マヌカハニーを添付すると1週間ほどで傷口が綺麗になり、数週間で回復に向かうそうです。

傷は痛みも伴いますが、はちみつには痛みを軽減する作用もありますので、やけどしたときでもすぐに塗ってください。
痛みと水ぶくれを防ぐことができ回復が早まりますよ。

                                                 文責 平野のり子

2014年10月30日

体験レッスンの申し込み
お申込み
HONEY FESTA はちみつフェスタ
メルマガ会員募集中
はちみつマイスター公式 facebook はちみつ活用術ご紹介!!
はちみつマイスター 平野のり子 公式ブログ
資格取得者の声
初めての方へ
受講中の方へ
はちみつマイスターおすすめサイト 「日本のはちみつ.com」
ページトップへ