HOME > はちみつ百科 > ハチミツエアゾルで喘息が改善できるかも

ハチミツエアゾルで喘息が改善できるかも

2013年、マレーシア科学大学 先端医療歯科研究所で行われた実験レポートによると

4匹のウサギに生理活性食塩水で25%と50%に希釈したはちみつのエアゾルを吸引させた結果
どちらも気管支胚細胞洗浄液中に存在する、気道の炎症性細胞の数が減少し胚細胞過形成が阻害されたというものです。


普通、喘息患者は夜間や早朝に喘息、息切れ、胸部圧迫感、咳の再発などを繰り返し
薬により気道平滑筋を弛緩することにより喘息発作を軽減しています。

しかし喘息が慢性化することで気道壁が肥厚して気道がふさがりやすくなってしまいます。

その結果気道粘液が過多になり気管支腺肥大になるようです。

気管支.jpg
図1 神奈川県立循環器呼吸病センター

さらに長期使用することで骨量、眼圧の上昇、口腔カンジダ症、発声障害、成長障害を含む局所及び全身性の副作用を引き起こす可能性もあるとのことです。


はちみつは昔から咳や発熱、感染症及び炎症などの症状を治療するための薬として使用されています。このハチミツエアゾルは抗酸化防止剤、抗免疫調整、抗菌効果を有し(はちみつが肥大した気道に湿潤をあたえるので)このような症状にも効果的であるとしています。

これはウサギによる実験ですが、今後は人に対して、特に小児喘息には有効ではないかということです。

結論として
喘息の症状を軽減するメカニズムを理解するためにより良好なエアゾル化ハチミツによる
遺伝子レベルでの研究が必要とされる、と締めくくられています。

この研究はマレーシア科学技術革新省の科学基金助成制度により行われています。
  
                                             文責 平野のり子



2015年1月 7日

体験レッスンの申し込み
お申込み
HONEY FESTA はちみつフェスタ
メルマガ会員募集中
はちみつマイスター公式 facebook はちみつ活用術ご紹介!!
はちみつマイスター 平野のり子 公式ブログ
資格取得者の声
初めての方へ
受講中の方へ
はちみつマイスターおすすめサイト 「日本のはちみつ.com」
ページトップへ