HOME > トピックス > 6月の通学講座報告

6月の通学講座報告

06.01.jpg

梅雨なのに雨があまり降らず水不足が心配です。けれど昨年もゲリラ豪雨で一度振りだすと災害となってしまう日本列島、これからいったいどうなる?

ミツバチたちはどのような生活を強いられるのでしょうか?温地球暖化を止めなければ美しい日本を守れない...

ミツバチを守る活動を更に広めていきましょう!!

 

**************************************

6月通学講座の報告

 今月は2組のハチミツ販売の企業様が受講され、ハチミツの新しい切り口や蜂蜜の使い方を重点的にお話しさせていただきました。

●㈱日健 東京都台東区池之端1丁目52号 主な事業内容は自然食品・健康食品の研究、製造及び販売

日新蜂蜜株式会社(岐阜県安八郡)、蜂和産業株式会社(岐阜県岐阜市)

 日新蜂蜜株式会社(岐阜県安八郡)、産業株式会社(岐阜県岐阜市)

*お爺さまの代から養蜂をされていて現在は2つの会社で蜂蜜の企画開発、ショップ担当をされている美人姉妹のお二人

06.02.jpg   06.03.jpg

 

 

 

      

 

 

 

 

 

  

 初日に蜂蜜についての規定やミツバチの生態・養蜂の基礎、蜂蜜の成分やはちみつの効果・効能。
その他ミツバチが作り出す蜂産品について
いわゆる蜂蜜のすべてを勉強します。

ですが既に蜂蜜についての知識がある皆様ですから、資料を読むだけで理解できます。私がお話しするまでもないかと思ったくらいです...

 

さて1日目の実技ははちみつ石けん作り

 

 価値ある石けん

06.05.jpg実習として手作りはちみつ石けん作り(マヌかはちみつ15%・60g含有)と蜂蜜の美容効果体験をしていただきます。

04.20.012.jpg

このはちみつ石けんは市販ではなかなか見つからないほどのはちみつ含有量です。しかもマヌカですよ!!

マヌカ蜂蜜の素晴らしさは体験してみて初めて分かります。


特に美容効果は一番分かりやすく、簡単でありながらすぐに実感できるので大好評です。

お肌のトーンが明るくなり、キメが整った湯上り肌へ変身します。

マヌカはちみつは当協会でも購入頂けますのでお問い合わせください。

お問い合わせ先03-3518-9883

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日目ははちみつソムリエ体験


 06.04.jpg
 5種類のはちみつをテイスティングして
はちみつの特長をしっかり追求します。

今までは味見したはちみつが好きか嫌いかそれだけを判断していたと思います。

けれどはちみつはミツバチが一生かかってやっとティースプーン1杯を作ることを知れば、簡単にゴクンとは飲めませんよね...

きちんとはちみつの色、香り、舌ざわり、味わい、後味などを言葉にする練習です。

 

右から

1.       水島柿  ㈲大場養蜂 95g630
富山県新湊市でしか取れない名産柿、「水島柿」の花から採取された貴重な蜂蜜。
クセが少なく甘みの強いはちみつらしい蜂蜜。色もきれいでフレンチドレッシングやアイスクリーム作りにもぴったりです。 どんな料理にも使える  

2.       ひまわり  イタリアオーガニック蜂蜜(アイモナステリ-修道院) 2501,950
非加熱でノンフィルター。そのため粘度が高くザらっとした食感が堪りません。ひまわり色のこのはちみつは太陽の恵みが一杯詰まっていて、しっかりとした甘さと控えめな酸味。後からじわっとほろ苦さを感じ、種を食べた時のような少し青臭さのある香りが特徴です。ミツバチになったような気分でたっぷりとすくってそのままお口へどうぞ!

3.  百花蜜 アピモンド(井上治子さん 石川県能都半島)
 ねっとりとした舌触りでアーモンドのような濃厚さが魅力の百花蜜です。農薬の心配がない、大自然の力強さ 
 を感じられるこのはちみつは、83日の【はちみつフェスタ】に出展されます。一般販売はしていないため是
 非【はちみつフェスタ】で味見してくださいね!

4.  コウキツはちみつ(マイスター教材はちみつ) 薬蜜本舗 150g 1890円
 温州ミカンの中まで九年母(クネンポ)と呼ばれる皮が厚めのミカンです。少し苦みがあるこのはちみつは香り       
 も強く、喉に刺激的な甘さがあります。そのため人によってはむせる方がありますが、濃厚な味わいは醤油や
 味噌との相性が良く、和食には欠かせません。チーズとの相性も良く

5.  あおばら(カラスザンショウ)  イズイロハ 120 g798
 伊豆地方の独特の呼び方だそうですが、緑色の実を薔薇の実に例えたのでしょうか?スパイシーな香りが大変魅力な蜂蜜です。口どけの良い滑らかさはトッピング用には最高です。でもかなりスパイシーですから料理のアクセントや、カクテルなどにも楽しいはちみつです。

 

 

06.06.jpg06.07.jpg 

 

 

 

 

はちみつを扱うには

テイスティングに始まりテイスティングに終わります。

 

 

しっかりと味わいを確認してこそレシピができるのですから、時間をかけて確かめましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5種類のテイスティングが終わるころにはいつも2時間近くかかってしまいます。はちみつは沢山食べているのですが、本当はお腹ぺこぺこです...

 

次はいよいよご試食タイムです。

 

☆6月の蜂蜜フルコース料理

06.08.png

 

食前酒  マンゴヤンオレンジ/ひまわりはちみつ

06.08.jpg

 

 

  

ひまわりの濃厚な甘さはマンゴーやオレンジとに合わせても負けていません。マイヤーズラムを入れてトロピカルな食前酒になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ☆前菜2種 ミニトマトのジュレ/石川県百花蜜
        アンチョビのピサラディラ/あおばらはちみつ

06.09.jpg

 

 

 

・ミニトマトのジュレ

 ミニトマトの湯むきを白ワインビネガーと百花蜜のはちみつ、塩コショウで漬け込んで漬けダレをゼラチンで固めた前菜です。生のトマトと漬けこみトマトの食感と味わいの違いを楽しむ一品です。

 

・アンチョビのピサラディラ

ピサラディラとは焼かないピザということです。

自家製アンチョビをあおばらはちみつで作ります。

トマトソース(ニンニクと玉ねぎ、トマトの角切り炒め、塩コショウ、あおばらはちみつで味付け)をクラッカーに塗ってアンチョビ、ブラックオリーブ、ディル、セロリをトッピング。

あおばらはちみつのスパイシーさがアンチョビにうまくからんで美味しいです。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

☆スープ じゃがいものビシソワーズ/水島柿はちみつ

06.10.jpg

 

 

 

熱くなると冷たいスープが美味しくなります。じゃがいは紀元前7000年前から、南米のチリやペルーの高地に住んでいた人々(インディオ)にとって、トウモロコシと並ぶ重要な食材として食べられていたそうです。長い歴史を持つ野菜のじゃがいもを使ったスープは一度は作っていることでしょう。蜂蜜を使うと栄養価も美味しさも格段にアップします。トッピングにはじゃがいもの皮とバジルの葉を素揚げしています。じゃがいもは皮と実の間に栄養価が一番有るので捨てずに揚げて食べましょう!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

魚料理 マグロのタルタル/コウキツはちみつ

 

06.11.jpg 

 

 

 

 

 マグロのタルタル

マグロとアボカドはいつ食べても本当に美味しい組み合わせです。

今回はマグロをハーブとはちみつ、醤油、ワサビに漬けこんでドレッシングをかけていただきます。

 

フレンチドレッシングはエシャロットとワインビネガーを効かせてさっぱりと仕上げています。

彩りがイマイチでしたね...

 

 

 

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

サラダ 野菜のグリル/ひまわりはちみつ

06.12.jpg 

 

 

  

オーブンで焼いた野菜をトマトソースで召し上がっていただきます。

茹でるより美味しさが引き立つグリルは生とはひと味違う美味しさです。ニンニクを効かせたトマトソースで味わって頂きます。ひまわりのはちみつがトマトの酸味を和らげています。ピザソースとしてもお使い頂ける万能ソースになりました。

 

ひまわりはちみつに含まれているカロテンが野菜の味を引き立てます。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

肉料理 コールドポーク/コウキツはちみつ

06.13.jpg

 

 

コールドポーク

200度のオーブンで5分。これを5回繰り返しじっくり焼いた焼豚です。下ごしらえにはちみつと青パパイヤを使いました。

どちらも肉のタンパク質を柔らかくする働きがあり、しっとりと柔らかな食感はロースハムのようです。

 

パパイヤのハチミツ漬けをトッピングして。

ソースには粒マスタードとバジルソース、コウキツはちみつを使い個性的な味に仕上げています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

  デザート 紅茶とスモモのシャーベット/あおばらはちみつ

06.14.jpg

 

 

紅茶とスモモのシャーベット

日東紅茶のティ-バックをべースとしてあおばらはちみつをたっぷり使ったシャーベットはスモモの酸味が爽やか。

あおばらの苦みは紅茶のほろ苦さと絶妙なバランスです。

 

角切りしたスモモにもあおばらはちみつをかけてマリネ。

シロップが出てから実を凍らせています。

シロップはシャーベットに混ぜ込んでいるのでシャーベット自体がほんのりとスモモ味の紅茶。

肉料理の後にはお口直しにちょうどいい感じです。

 

 

 

ちなみに日東紅茶は「はちみつフェスタ」の「紅茶とはちみつ」でご協力頂くことになっています。

 

 

通学講座は毎月開催しております。

通学講座申し込みはこちら⇒申し込み

2013年6月20日

体験レッスンの申し込み
お申込み
HONEY FESTA はちみつフェスタ
メルマガ会員募集中
はちみつマイスター公式 facebook はちみつ活用術ご紹介!!
はちみつマイスター 平野のり子 公式ブログ
資格取得者の声
初めての方へ
受講中の方へ
はちみつマイスターおすすめサイト 「日本のはちみつ.com」
ページトップへ