HOME > トピックス > ☆エチオピアのはちみつ酒☆ はちみつ・資格・通信

☆エチオピアのはちみつ酒☆ はちみつ・資格・通信

伊藤嘉一.JPG11月、12月とはちみつマイスターの体験レッスンでは特別企画としてはちみつ酒(ミード)のテイスティングを行ってまいりました。

11月のポーランドミードテイスティング開催にあたってお電話を頂いたことがきっかけで、元JICA管理職・前国連職員の伊藤嘉一様にアフリカの珍しいはちみつ酒があるので一緒に味見をしましょうとお誘いをいただいていました。今回は後輩の方が東アフリカよりエチオピアのはちみつ酒を持って来てくださるということで楽しみしていました。

そしてわざわざお届け頂いたと言うわけです。
  

お持ちいただいたはちみつ酒はエチオピアの家庭で作られている「はちみつとゲソ」という植物を発酵させた日本の(どぶろく)のようなお酒です。このゲソがどのような植物なのかもわかりませんが酵母になるのでしょうね。
ビニール袋に入った瓶を開けてみると気圧などの加減で発酵が進んでしまったらしく半分以上がこぼれてしまい瓶に残るお酒は半分以下。残念でした・・・

 

味見をさせていただきましたが発酵したイースト菌の香りが強く醸造途中という感じでした。もう少し寝かせて置くとまろやかさが出てくるのかもしれません。けれどはちみつの味はしっかりと残っていますよ。はちみつの種類は定かではありませんがくせがなくさっぱりとした味わいでした。
エチオピアの国花マスカル.jpg

 

エチオピアではマスカルという黄色い花(国花)が沢山咲いているようですからもしかしたらマスカルの花から採れたはちみつで作ったのかもしれません。この花の本当の名前はアディスアベバ(新しい花)と言い,オイルも採れるらしいです。年に一度マスカル祭りが行われるほど。

写真はエチオピア協会より

 

エチオピアミード.JPG頂いたはちみつ酒は一般的に私たちがはちみつ酒として認識しているお酒とはかなり違いがあります。しかし現地の方にとってはは祝いの席には「なくてはならないお酒」。大変貴重なものを頂き感謝しなくてはいけませんね。またわざわざ情報を提供していただきさらにはお届くださった伊藤様に心より感謝申し上げます。

伊藤嘉一様のご紹介
現在は海外職業訓練協会のアドバイザーをされており「日本イエメン友好協会」の事務局長もされていらっしゃいます。
また、奥様とともにボランティアグループ「イピル・イピルの会」を立ちあげられ、海外での援助活動をされています。今回は東北地方大震災で震災にあった気仙沼に桜の木を植える募金活動もされているそうで11月11日には30本の苗木を寄贈されていらっしゃったとか。

 

*イピル・イピルの会 は、日本及び海外で、人材育成、戦争や災害などからの復興活動、各種人道的活動等への支援を中心に、幅広い活動を地道に続けているボランティアの集まりです。

罫線.gif 

このように珍しいはちみつやはちみつ酒などの情報がありましたら是非お知らせください。

tel:0335618820

今年は大変な年でしたが皆様良いお年をお迎え下さい。

門松.pngはちみつマイスター養成講座ではミツバチの生態や養蜂、ミツバチの花粉交配、はちみつの効果・効能、はちみつ美容、はちみつレシピ、色々なはちみつの特徴などの基礎を通信教育で勉強していただける日本初の民間資格です。資料請求はこちらをクリック!!

また、毎月開催しております体験レッスンでは、はちみつの香りに癒されながらテイスティング、はちみつの美容効果を実感できるはちみつ美容法など行っております。はちみつのセラピー効果を実感しながらレッスンを受けていただけますのでぜひ体験してみてくださいね。 

体験レッスンの申し込みはこちらをクリック!! 

 

2011年12月26日

体験レッスンの申し込み
お申込み
HONEY FESTA はちみつフェスタ
メルマガ会員募集中
はちみつマイスター公式 facebook はちみつ活用術ご紹介!!
はちみつマイスター 平野のり子 公式ブログ
資格取得者の声
初めての方へ
受講中の方へ
はちみつマイスターおすすめサイト 「日本のはちみつ.com」
ページトップへ