HOME > トピックス > 【第4回全国養蜂青年大会】講演報告

【第4回全国養蜂青年大会】講演報告

2018年 1月16日、17日、鹿児島の城山観光ホテルにて開催された
日本養蜂協会の青年部の大会「第4回 全国養蜂青年大会」において
代表理事の平野が講演いたしました。



まず16日は青年部の代表8名による意見発表。

まだ経験の少ない養蜂家さんは先輩の養蜂家さんから教えてもらいながら
ミツバチの飼育という仕事を通して昔と今のミツバチの飼い方の違い、
蜜源の違い、そのほか色々なギャップで悩んでいるようです。


ただ、普段思っていることをなかなか言えない・・・

この問題をどのようにして解決していくかその打開策として、
とにかく青年部の意見を自由に発表してもらう事が今回の大会の目的だったそうです。

次世代の養蜂業を担う人たちの意見を聞きたくて
初日から参加してきました。


まず初めに全国から選ばれた8名の意見発表。
審査員がそれぞれ得点を付け、集計をして最優秀が決まります。


集計の出る間に事前聞き取りをしたテーマごと
20ブロックにわかれて第1部と第2部の2回に渡るディスカッション。
DSC_5876.JPG

なかなか解決策は出てきませんが、
それぞれ切実な問題なので、今後も意見交換していくのだと思います。


DSCN4528.JPG



ディスカッションの後に先ほどの発表の審査結果が報告され
最優秀1名が決まりました。

右から3人目の九州ブロックの西岡養蜂場
西岡和樹さんが見事 最優秀となりました。
DSC_5918.JPG

今のままでは養蜂家の将来は暗い。
はちみつの適正価格を消費者の人に理解してもらい
何とか養蜂家の地位向上と働き方改革をしないといけない。


若者らしい今後の課題と希望を提示した意見発表でした。


翌日の17日は【テイスティング方法を変えれば蜂蜜は人に感動を与える】と題した平野の講演。
今回はNHK福岡放送局のテレビの取材が入り、会場は一杯になりました。
DSC_6041.JPG


DSC_6070.JPG


DSC_6081.JPG


養蜂家さんだけでなく一般の方も参加ということで
はちみつの成分的な特徴を踏まえた食べ方や、上手なはちみつの摂り方などのお話です。

今回のテーマの中心となるテイスティング方法。
なぜ日本はちみつマイスター協会で進めている「はちみつの食べ方」がいいのか?
理論的にお話しています。

こちらから一部ですがご覧いただけます⇒YOUTUBE


講演終了後に多くの方から
「とてもよく理解できたし、今まではちみつの食べ方を気にしたことがなかったのでとても勉強になった。」

など、多くの嬉しいお言葉をいただきました。ありがとうございました。



最後に今回の関係スタッフ全員で記念写真を撮っていただきました。
DSC_6109.JPG


このほか色々なテーマで講演のご依頼も受け付けております。

日本はちみつマイスター協会 電話 03-5244-9783(土・日・祝祭日除く10:00~17:30)
ホームページのお問い合わせからお願い致します。
 
★お問い合わせ → コチラ



2018年1月18日

体験レッスンの申し込み
お申込み
HONEY FESTA はちみつフェスタ
メルマガ会員募集中
はちみつマイスター公式 facebook はちみつ活用術ご紹介!!
はちみつマイスター 平野のり子 公式ブログ
資格取得者の声
初めての方へ
受講中の方へ
はちみつマイスターおすすめサイト 「日本のはちみつ.com」
ページトップへ