HOME > トピックス > 【出演報告】岩手県養蜂組合はちみつ品評会で審査員を担当しました

【出演報告】岩手県養蜂組合はちみつ品評会で審査員を担当しました

ご依頼いただき20181020日(土)に盛岡で開催された岩手県養蜂組合様が主催する「第2回はちみつ品評会」で、当協会の本部講師 池田が審査員を担当いたしました。  

品評会では岩手県内の養蜂家から集められたはちみつを、アカシア部門、トチ部門、百花蜜部門と3つに分けて審査。審査中はどれが誰のはちみつなのかは分からないブラインド方式です。

今年の岩手県は春の花の開花が良く、はちみつの出来も良かったそうです。そのため、甲乙つけがたく審査が難しい...

201810 岩手県はちみつ品評会(審査中).jpg 
▲審査中の様子

会場はJR盛岡駅からすぐのアイーナ(いわて県民情報交流センター)4階の県民プラザです。当日は「はちみつフェア」も一般向けに開催され、岩手県内の養蜂家のはちみつ販売、養蜂道具や県内の蜜源植物写真の展示もありました。

また、来場者向けに「はちみつを使いこなそう」というテーマでの講座も池田が担当。どうやってはちみつが出来るのか、漬けるだけ・混ぜるだけでできる簡単なはちみつの使い方、結晶したはちみつの使い方などをお話ししました。

 201810 岩手県はちみつフェア(セミナー).jpg
▲「はちみつを使いこなそう」講座中

201810 岩手県はちみつ品評会(審査員).jpg
▲審査員の皆様と

2018年10月23日

ページトップへ