HOME > トピックス > 【開催報告】3/21(木・祝)資格事業10周年記念セミナー・交流会

【開催報告】3/21(木・祝)資格事業10周年記念セミナー・交流会

2019321日(木・祝)、東京・浅草駅から徒歩5分の場所にある台東区民会館にて「資格事業10周年記念セミナー」開催致しました。当協会の資格取得者(はちみつアドバイザー/認定講師)を対象に、参加費無料で開催した記念セミナーです。

0321 会場.jpg
▲浅草にある会場

日本はちみつマイスター協会は2012年に一般社団法人となりました。その前身である「はちみつマイスター養成講座」20092月からスタートし、はちみつ資格事業を開始してから本年で10を迎えました。これまで、10年継続することができましたのも皆様を始め、多くの方のご支援やご協力のお陰です。誠にありがとうございました。

 

現在、当協会の受講生は約1,000名。現在、資格をお持ちの方は全国に約300名いらっしゃいます。記念セミナーには、北海道から沖縄まで約90の方にお越しいただきました。

資格事業10周年記念セミナー.jpg
▲セミナーの様子

 

【講義1】「協会10年の歩みと最新のはちみつ事情、これからの展望」

代表の平野より資格事業を始めたきっかけや思い、今までのどのような歴史があったのか等をお話しさせていただきました。

 

【講義2】「マヌカはちみつの基本と最新研究」

神戸大学大学院医学研究科客員教授でもある、株式会社コサナの寺尾社長よりお話しいただきました。多くの方に知られ、資格を取った方も友人やお客様からよく質問を受けるマヌカハニー。資格講座でも少しお話していますが、正しい知識を学んでいただきたいという思いから今回講演をお願い致しました。

 

【トークセッション】

当協会のはちみつ資格を取得した方はお仕事もキッカケも様々。養蜂をしている方、はちみつ販売をしている方、はちみつが好きで資格を取られた方、それぞれを代表して3名の方に「受講したきっかけ」、「受講後にどう変わったか」をお話しいただきました。

 

セミナー終了後は、上野精養軒にて交流会(有料・飲食付き)。60名の方にご参加いただきました。
このように一同に集まることは、今までありませんでした。皆さん交流を深めていただけたようです。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

2019年3月28日

ページトップへ